ベルリンのIFA 2015会場より。ソニーが発表した世界初の4K画面スマートフォン Xperia Z5 Premium を触ってきました。目を引くのは周囲を鏡のように映す背面の光沢ガラス製仕上げ。つや消しマットなZ5 / Z5 Compactとは質感が大きく異なります。

まずは動画をご覧ください。






Xperia Z5 Premiumの背面は反射率が高く、周囲の風景を鏡のように映すことが特徴。つや消しマットなZ5 / Z5 Compactとは質感が大きく異なります。また、5.5インチ画面で筐体がそれなりに大きく、手鏡としても十分な大きさ。「本来の使い方ではない」というつっこみはさておき、特に女性には、髪型や化粧持ちの確認に役立ちそうです。





私服姿でソニーブースをお忍び訪問していた ASUS のジョニー・シー会長。興味深そうにXperia Z5 Premiumを覗きこんでいました。ライバル社によるブース視察は珍しいことではなく、ソニーブースにはLGやサムスン等のネームカードをぶら下げた人もよく見かけます。



こちらが普段(お仕事中)のジョニー・シー会長。写真はZenFone 2 国内発表時の様子です。



Xperia Z5 Premiumはクローム、ブラック、ゴールドの3色展開。このうちクロームがもっとも手鏡らしくなります。Xperia Z5 Premiumの発売は『秋以降』です。カラーを選ぶ判断基準として、手鏡の用途を覚えておくのもよいでしょう。 IFA 2015の最新情報はこちら

訂正:
記事中、ASUSジョニー・シー(施崇棠)会長のお名前を、誤って「ジェリー・シェン」としていました。ジェリー・シェン(沈振来)氏はASUSの総経理(CEO)であり、シー会長とは別の人物です。訂正してお詫びいたします。