キヤノン、2億5000万画素のCMOSセンサーを開発。フルHD比125倍の解像度で5コマ/秒の動画記録

関根慎一 (Shinichi Sekine)
関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2015年09月7日, 午前 11:05 in canon
0シェア
FacebookTwitter

キヤノンは、APS-Hサイズで2億5000万画素のCMOSセンサーを開発発表しました。発表日時点で世界最高画素数のCMOSセンサー。

解像度は19580×12600ピクセルで、1秒あたり12億5000万画素の信号読み出しが可能。フル解像度で5コマ/秒の動画を読み出せます。イメージセンサーの画素数は、単純に言ってしまえば高精細な映像が撮影できることの1つの指標です。実際に高い解像感を得るにはレンズやフィルタなどセンサー以外の光学的な要素も絡みますが、基本的には高画素なほど高い解像度の映像が撮影できます。

キヤノンによれば、撮影場所から18km離れた位置を飛行する航空機の機体文字を識別できると発表しており、動画の解像度はフルHD(1920×1080)の約125倍、4K(3840×2160)の約30倍。映像の一部をトリミングして拡大表示しても解像感を損ねない圧倒的な高解像度を強調しています。

キヤノンでは本技術を特殊監視、防犯機器、超高精細計測機器、産業機器などに応用するほか、映像表現分野にも適用する意向を明らかにしています。

ちなみに億超えの画素数を有するセンサーの一例としては、8Kスーパーハイビジョンなどの高精細映像記録向け高画素センサーとして、NHKなどが1億3300万画素のCMOSセンサー(15360×8640ピクセル)を発表したほか、キヤノンでも有効1億2000万画素のセンサー(13280×9184ピクセル)を発表済み。2020年の8K地上波放送を見据え、カメラとしての実用化に向けて開発を進めている段階です。

極めて画素数の大きなイメージセンサーを活かすには、センサーそのものの性能はもちろんのこと、組み合わせる光学系もセンサーに対応する必要がありますので、コンシューマ向けカメラでこのクラスのセンサーが使われるのはずっと先のことになるでしょう。また、レンズ交換式カメラの交換レンズは数十年単位で使われるので、対応する光学系の開発も必要になることから、実際にはもっと先かもしれません。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: canon, cmos, sensor
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents