動画:ZTE nubia Z9使用感:エッジコントロールは『魔法』の操作性。5.2型フルHD画面、S810オクタコア搭載

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年09月6日, 午後 11:09 in ifa2015
0シェア
FacebookTwitter


ベルリンで開催中のIFA 2015会場より。ZTEはフラグシップスマートフォン nubia Z9を出展しました。

主な仕様は5.2型"ボーダーレス"フルHD IPS液晶、Snapdragon 810 オクタコアCPUなど。また、特筆したいのが画面のエッジをスワイプするジェスチャー「エッジコントロール」です。元レスラーのZTE担当者が日本語でその魅力を解説しました。



ZTE nubia Z9は、画面の一部と側面が一体化した"ベゼルフリー"のフォルムが目を惹きます。このエッジをスワイプすることで、ロック解除、起動アプリのクリーン、輝度調整、カメラ起動など、さまざまなジェスチャーが可能。担当者が『魔法』と表現する操作性を実現します。

主な仕様はSnapdragon 810 MSM8994 64bitオクタコア、5.2インチ フルHD IPS液晶ディスプレイ、1600万画素背面カメラなど。



ZTEブースにいた元レスラーの説明員。堪能な日本語で ZTE nubia Z9の魅力を説明してくれました。

動画をご覧ください。








手に持ってみると、エッジコントロールは新鮮。試用した範囲では非常にサクサク動作し、5.2型フルHD液晶も鮮やか。表裏ガラスの筐体など非常にプレミア感のある端末でした。

ZTEの日本における展開は、SIMロックフリースマートフォンやデータ通信端末、みまもり携帯、モバイルプロジェクターなど。ZTE nubia Z9の国内展開の有無は不明です。なお、中国では3500人民元(約6万5000円)でnubia Z9を発売しています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ifa2015, zte, ZTE nubia Z9
0シェア
FacebookTwitter