マイクロソフトの二つ折りキーボード Universal Foldable Keyboard国内発売、9980円。iOS / Android / Windows対応、素早く切り替え

Munenori Taniguchi
0シェア
FacebookTwitter
マイクロソフトがふたつ折り Bluetooth キーボード「Universal Foldable Keyboard」の日本語配列モデルを発表しました。Bluetooth4.0 に対応し、Windows /iOS /Androidデバイスから最大2台を同時ペアリング可能。スイッチで素早く接続先を切り替えてタイピングできます。
 

 
 3月に米国で発表となっていた英語配列キーボードの日本語版。折りたたむと幅146 x 奥行125 x 高さ10.5mmというCDジュエルケースとほぼ同じサイズになります。広げた時は幅295 x 奥行125 x 高さ5.3mm。重量は約180g。

本体は防滴構造を採用し、飲み物などをこぼしても壊れにくい設計となっています。
テンキーを備えない80キータイプで、キーボード右側の記号キーがやや狭くなっているつくり。通信方式はBluetooth 4.0で電波受信範囲は約10m。内蔵バッテリーはフル充電からの動作持続時間が約3ヵ月。

対応するOSはWindows 10日本語版、Windows 8 /8.1 日本語版、Windows RT 8 /8.1 日本語版、Windows Phone 8.1 Update 2 日本語版。ほかOS X Lion(10.7)以降、iOS 7以降、Android 4.4.2以降。

発売日は9月24日。オープン価格で、店頭予想価格は9980円。
ちなみに、同じBluetooth 4.0 接続の薄型キーボードおよびマウスのセット品「Designer Bluetooth Desktop」も同時に発売されます。こちらは日本語109キーで、Enter キーとテンキーの間に Home、End、PgUp、PgDn の各キーが縦に並ぶ配列です。

電源は単4形アルカリ乾電池で、約12か月動作。大きさは389 x 112 x 20mm、重量は約408g。

セットのマウスはBlueTrack採用の薄型モデルで、5月に単品発売されている Designer Bluetooth マウスとほぼ同じもの。本体サイズは60 x 107 x 26mm、重さ約80gです。

Designer Bluetooth Desktop も発売日は9月24日。オープン価格。店頭予想価格は9980円。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Designer Bluetooth Desktop, Designer Bluetooth mouse, keyboard, Microsoft, microsoft Designer Bluetooth Desktop, mobile keyboard, mouse, Universal Foldable Keyboard
0シェア
FacebookTwitter