Appleのスペシャルイベントで発表された iPhone 6s / 6s Plus の進化点のひとつ、カメラの性能が大幅に向上したこと。従来は画素数こそ800万少ないものの絵作りと画質に定評あった背面のメインカメラ(iSightカメラ)は1200万画素センサ採用になりました。4K動画撮影にも対応します。



前面のFaceTime HDカメラは500万画素。画面を適切な色で光らせるRetina Flash機能を搭載。ディスプレイ制御チップで画面を通常の3倍の明るさにして、自撮りでも明るく美しい写真を撮影します。

新機能のLive Photoは「動く写真」を撮る機能。カメラロールの写真を眺めつつ、押し込むと写真が動き出し、音も流れてその一瞬を再生できます。壁紙にLive Photoを貼った場合、ロック画面で押しこめば動画再生。

撮り方はこれまでどおり、ただ写真を撮るだけ。12MPの高解像度写真と同時に前後数秒の動画も自動撮影します。他社のスマートフォンやアプリでもよく見かける機能ですが、3D Touchに対応した iPhone 6s / 6s Plus では写真を押し込むと動く、というシンプルなインターフェースがポイントです。

アップル 2015年9月スペシャルイベントの関連記事一覧はこちら