NTTドコモは、iPhone 6s / Plusの発売日9月25日より、Premium 4Gを高速化します。受信は現行225Mbpsが262.5Mbpsに。送信は変わらず50Mbpsです。iPhone 6s / 6s Plusを含むPremium 4G対応機種が高速通信に対応します。

NTTドコモのPREMIUM 4Gは、LTE-Advanced を使用した高速通信サービスです。

技術要素としては、複数の周波数帯域を束ねるCA(キャリアアグリゲーション)に加え、広域をカバーするマクロセルと、狭いエリアをカバーするアドオンセルの連携を最適化する新しいネットワークアーキテクチャ「高度化C-RAN」を適用し、通信トラフィックが集中するエリアにおいても安定した高速通信を提供することを目指しています。



NTTドコモは、iPhone 6s / 6s Plusを発売する9月25日より、Premium 4Gを受信267.5Mbpsに高速化します。対応はPremium 4G対応端末。LTEを6/Plus比2倍の300Mbpsに高速化した iPhone 6s / PlusもPremium 4Gに適合することから、受信267.5Mbpsの高速通信を利用できます。

対象地域は東名阪の1都2府15県(東京都、大阪府、京都府、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、静岡県)

なおNTTドコモは2015年度中にPremium 4GをLTE Cat.6で規定される最高の受信300Mbpsに高速化する計画を明かしています。

ドコモ、受信225MbpsのLTE-A商用サービス PREMIUM 4Gを3月27日開始。15年度内300Mbpsに高速化