アダルト50作品も定額のゲオチャンネル。月額590円で2016年2月にスタート

Takahiro Koyama
Takahiro Koyama
2015年09月16日, 午前 10:15 in GEO
0シェア
FacebookTwitter


レンタルビデオ大手で、会員数1600万人を誇るゲオが、定額制動画配信サービスに参入しました。「ゲオチャンネル」と名づけられた同サービスは月額590円(税別)で映画やドラマ、アニメ、音楽番組が見放題になります。サービスの開始日は2016年2月を予定しています。ゲオはこれまで、全国に1600店のリアル店舗を経営。その約9割が直営店とのことです。そして、さらに通販によるレンタルサービスも展開。今回発表した動画配信サービスは、このリアル店舗と宅配によるレンタルサービスを補完する新しいサービスだといいます。

今回、「ゲオチャンネル」を開始するに当たり、強力なパートナーとして手を組んだのはdTVやUULAなどを手がけるエイベックスです。


ステージ上でガッツリ握手を交わすゲオホールディングス代表取締役社長の遠藤結蔵氏とエイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役副社長CSOの千葉龍平氏。前日には2人で祝杯を挙げたそう。


コンテンツの調達や会員へのレコメンド機能などにエイベックスがこれまで培ってきたノウハウを活かすとのこと。すでにゲオの持つ1600万人の10年分の履歴データはエイベックス側と共有され、よりゲオユーザーが求めるコンテンツを提供していくとのことでした。


動画配信サービスを運営して約7年蓄積してきたノウハウを元にサービス企画力やUXの開発などを行っていくと語るのがエイベックス・デジタル株式会社の常務取締役 村本理恵子氏

注目したいのは2つです。ひとつコンテンツ。基本的には、dTVなど同社が手がける他のサービスと共通のコンテンツが中心となりますが、独自コンテンツ制作にもついても検討しているとか。


本日開催された発表会では、ゲストとして、キャイーンの天野ひろゆき氏、千秋さん、そしてメディアコンサルタントの境治氏が登壇しましたが、映画監督として、夕張映画祭で受賞経験もある天野氏は早速「ゲオチャンネル用のオリジナル作品を作りたい」と意気込みを見せていました。


さらにコンテンツ面で注目なのが、エイベックスが調達する映画やドラマなどのコンテンツ以外に、ゲオが独自にアダルトコンテンツを調達すること。AVレーベルの「PRESTIGE」と提携し、50作品を定額で公開し、毎月10本を更新する予定だそうです。その昔、VHS方式のビデオデッキが普及したのも、町のレンタルビデオ店が増えたのも、アダルトビデオが後押ししたと言われるだけに、月額590円でのこれらが見放題になるのは非常に強力だと言えそうです。

そしてもうひとつ注目したいのはリアル店舗、宅配レンタルと連携できることです。ゲオによると、現在1600万人いるゲオのレンタル会員はサービス開始時点で、無料会員となるそうです。この時点ですでに無料コンテンツの視聴は可能になります。さらに、月額590円(ベーシックプラン・税抜き)を支払うことで、「ゲオチャンネル」で用意される約8万コンテンツが視聴できるようになります。そして、「ゲオチャンネル」会員にはオプションで2つのプランが用意されます。


ひとつめの店舗パックは実店舗で旧作を1ヵ月に20本借りられるというもの。もうひとつの宅配パックは、旧作DVD8枚を14泊15日で宅配レンタルできるものです。料金はどちらも590円(税抜き)。つまり、「ゲオチャンネル」にないコンテンツはレンタルや宅配で視聴することが可能になります。ゲオではこの仕組みを「ハイブリッドVOD」と命名しています。


ゲオホールディングス 執行役員の林俊樹氏によると、リアル店舗は新作が安く借りられる、選ぶ楽しさなどのメリットがある反面、利便性やレコメンド機能、検索性などが劣っていたそうです。


それに対して、宅配レンタルは検索性が高く、またレコメンド機能、品揃えに優れています。


そして最後に今回開始する、ビデオオンデマンドでは即時性、検索性、利便性に優れています。この3つのサービスを併用することで、映像サービス事業に求められる9つの要素すべてが満たせると林氏は語ります。

さらに質疑応答にいて、店舗パックと宅配パックをすべて付けたときに割引きはないのかという質問がありましたが、これも検討したいとのこと。多いに期待したいところです。

Netflixのサービススタートに続いて、Amazonプライム・ビデオも日本国内でのサービス開始が告知済みです。また、TSUTAYA TVなど、ビデオサービスを定額制にリニューアルした事業者もあり、定額動画サービスは大混戦となってきています。

そんなか、来年2月にスタートする「ゲオチャンネル」。会員数1600万人からのスタートだとはいいますが、この戦いに間に合うのでしょうか。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: GEO
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents