Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。9月15日より正式にスタートしたAmazonパントリーについて、発表会の模様を動画でまとめました。動画は3分38秒。

Amazonパントリーは、スーパーやドラッグストア、ペットショップで購入するような日用品、1つ1つの単価が安いこうした一般消費財を1つの箱にまとめて入れて通販購入できるというサービスです。リアル店舗の買い物かごに相当する役目をパントリーボックスという段ボールが担います。
 
低単価の商品を1つだけネットで買おうとすると配送料の分だけ割高になる場合がほ とんど。このため単価の安い消費財をネットで購入する場合、同一商品の箱買いやまとめ買いで買うのが主流でした。Amazonパントリーは、日用品を1つから購入可能。店舗に行かず とも自宅まで運んでくれるので、定期的に買い足す必要があるものや、自分で運ぶにしては重いものやかさばるものを注文するのに向いています。

リアル店舗でのショッピング体験は購入だけが目的ではないものの、たとえば毎週車で買い出しが必要な地域などは買い物以外に時間を使えるようになるかもしれ ません。逆に言えば、日用品を取り扱う地域密着型の小売店にとって、本格的なネットスーパーの脅威が訪れるのかもしれません。

動画は以上です。チャンネル登録の上お楽しみください。