ドコモも値下げ、iPhone 6sでも利用できる月額1700円の「カケホーダイライトプラン」を発表

ハード松村(Atsushi Matsumura)
ハード松村(Atsushi Matsumura)
2015年09月16日, 午後 05:25 in docomo
0シェア
FacebookTwitter


ドコモは、月額1700円で5分以内の国内通話が回数制限なく利用できる新プラン「カケホーダイライトプラン」を発表しました。

au、ソフトバンクに続いての発表で、3キャリアのプランがほぼ横並びとなりました。



既存の「カケホーダイプラン」との違いは、1通話で5分以上利用したときの料金。既存プランは月額が1000円高い代わりに5分以上話し続けても無料ですが、「カケホーダイライトプラン」では5分超過ぶんは30秒ごとに20円かかります。長電話する方は従来プランのままがおトクでしょう。

データパック利用時の月額料金イメージや、キャンペーン適用時の割引金額は次のとおりです。

データ容量2GBの「データSパック」は適用外となるので注意が必要です。



3キャリアで最後の発表となりましたが、特別お得というわけではありませんでした。

auはデータ容量3GBまでのプランを利用すると月額6200円〜、ドコモとソフトバンクは5GB以上となるため月額7000円〜と最低料金では差が付く結果に。iPhone 6s、6s Plus狙いの方は、各種キャンペーンや固定回線とのセット割などを考慮しつつ最適なキャリアをみつけましょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo, iphone6s, iPhone6SPlus, nttdocomo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents