Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。東京ゲームショウ 2015のOculusブースでは、サムスン電子のGear VRを使って360度空間でニコニコ動画やニコニコ生放送が楽しめるアプリ「niconicoVR」を開発しました。秋にも公開予定。

今年のTGSはVR関連の体験コーナーが各ブースにあります。バーチャル空間でより没入できるゲーム体験を提供したいというコンテンツ側の思惑と、2016年1〜3月にも一般販売予定のOculus Riftを見越した動きともとれます。事実、初日のビジネスデイでは、Oculus Riftの体験整理券が開場から1時間足らずで配布終了していました。

そんな前向きなVRヘッドセット界隈において斜め上の展示を行っているのがniconicoVRです。企画担当者の夢をつめこんだ結果、アプリはまごうことなき廃人仕様になりました。ひたすらダラダラと後ろめたさを忘れてニコ動やニコ生を楽しめるよう、ヘッドセットを外さずに食事も可能です。

今後の課題を問うと担当者は「もう手すら動かしたくない。動画も勝手に面白いのを選んで欲しい」と話しており、果たして更に開発が進むのかそれ自体が微妙な取材となりました。動画の尺は2分24秒。YouTube上の動画にコメントすると、抽選でステッカーを進呈します。

動画は以上です。チャンネル登録の上、お楽しみください。