VRゲーム x ロボティクス、Query'n Robot 動画デモ。VRヘッドセット Oculus Riftや3Dセンサ Leap Motion でMixed Reality 実現

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2015年09月22日, 午前 10:00 in augumented reality
0シェア
FacebookTwitter

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。東京ゲームショウ2015では、Oculus Riftなどを利用したVR関連の展示が目立っていました。この中で、VR(仮想現実)と現実世界を織り交ぜたバーチャルとリアルの統合空間MR(Mixed Reality)のゲーム展示を行っていたのがポケット・クエリーズです。

Query'n Robot (くえりんろぼ)のシステムは、実際に存在するロボットの視点カメラの映像をOculus Riftで表示。人が顔を動かすとロボットの視点がそちらを向くため、遠隔操作で見えるものを変更できます。この映像にゲーム画面を合成しており、3Dセンサ Leap Motion によって実際に伸ばした手の動きが画面上に表示されます。

VRヘッドセットはその仕組み上、どうしても装着者しか楽しみにくいものがありましたが、リアルなロボットとの組み合わせによって新しいゲーム観戦の形になるかもしれません。ポケット・クエリーズでは、この仕組みをゲームだけでなく監視システムとしても展開する計画です。動画の尺は4分15秒。 


動画は以上です。チャンネル登録の上お楽しみ下さい。

VR関連動画は、などがあります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: augumented reality, Engadget JP channel, Leap Motion, Mixed Reality, Oculus Rift, Queryn Robot, tokyo game show 2015, virtual reality
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents