更新:iFixit、入手した iPhone 6s を即分解。Twitter で解体ショー展開中

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年09月25日, 午前 10:57 in ifixit
0シェア
FacebookTwitter

ガジェットなら何でも分解する修理屋さん iFixit が、発売されたばかりの iPhone 6s を入手、即分解を開始しています。

まだウェブサイトには情報は上がっていませんが、Twitterではすでにバッテリーの容量が判明しています。 
 
 
  
記事執筆時点では最新のツイートでiPhone 6 と 6s をならべ、バッテリー容量を比べています。Taptic Engine 搭載の影響下、iPhone 6s のほうがわずかに容量が小さくなっています。 
  
 
  
iPhone 6s のバッテリーがiPhone 6 (1810mAh)よりも小さい 1715mAhというのは発表時のプロモーション動画でも話題となっていました。

iFixit が Twitter 上で最後まで解体をレポートするかはわかりません。気になる方はチェックしてみては如何でしょう。

更新:Twitterで途中まで展開された解体ショーですが、ウェブサイトにも記事が公開されました。iFixit は「iPhone 6s Plus もすぐにやるよ!」と意気込んでいます。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ifixit, iphone6s, teardown, twitter
0シェア
FacebookTwitter