本日発売した iPhone 6s / Plusでは、パスコードのデフォルト桁数が6に増えました。これによりセキュリティ性が向上しますが、6世代までと同じ4桁で使いたい方もいらっしゃるはず。当記事ではパスコードを4桁にするTIPSをお届けします。


まず「設定」から 「Touch IDとパスコード」へ進み「パスコードの変更」を選択します。



新しいパスコードの作成画面に現れる「パスコードオプション」から「4桁の数字コード」を選択。これで4桁に戻せます。

なお、パスコードを4桁にすると、標準設定に比べてセキュリティ性が低下する恐れがあります。6s世代では6世代に比べてTouch IDが高速化しており、パスコードの桁が増えたところでユーザーの利便性は確保されている印象。Touch IDの反応が悪い場合には煩わしいにせよ、標準の6桁で使い続けたほうが安心なのは確かです。

パスコードオプションから「カスタムの英数字コード」や「カスタムの数字コード」を選べば、アルファベット交じりや7桁以上の"より安全な"パスコードを設定できます。