ソニーモバイルコミュニケーションズは10月17日、心拍センサーを搭載したAndroid/iOS両対応のリストバンド型ウェアラブルデバイス「SmartBand 2 SWR12」を発売します。歩数や睡眠情報だけでなく、心拍数、ストレスレベルなどの計測・記録が可能です。価格はオープンで、予想実売価格は1万5000円(税別)。

「SmartBand 2 SWR12」は、「SmartBand SWR10」の後継機種となるリストバンド型ウェアラブルデバイス。「SmartBand SWR10」と同じく加速度センサーを利用して歩数や消費カロリーなどを記録できるうえ、新たに搭載した心拍センサーで心拍数も計測可能です。さらに、心拍の推移と心拍数からストレスレベルの解析も行なってくれます。記録した各種情報は専用アプリに保存され、いつでも情報をチェックできます。

Bluetooth接続中のスマートフォンやタブレットが約10m以上離れた際に振動する「接続範囲外アラート(端末紛失防止)」機能と、本製品を操作してスマートフォンを鳴動させる「電話検索」機能を備えているのも特徴です。加えて、眠りの浅い時に振動で起こす、電話・メール着信を通知する、ミュージックアプリの再生・停止などをリモート操作する機能も用意しています。

リチウムイオン電池を内蔵し、micro USB接続で充電可能、約1時間で充電が完了します。バッテリー持続時間は、心拍センサー機能を常時使用した場合で約10時間、心拍センサー通常使用時(10分のあいだに2分間連続して心拍センサー作動時)で約2日、心拍センサー未使用時で約5日。

IP68に相当する防水・防じん性能を備え、常温水道水の水深1.5mに約30分間放置したり、直径75μmの粉塵が混入した時でも、所定の動作および安全性を損なわないとしています。

本製品の重さは約19g(リストバンド部分含む)。対応OSは、Android 4.4以上、iOS 8.2以上(iPadを除く)、Bluetooth 4.0以上。リストバンドのカラーは、ブラックとホワイト、インディゴブルー(別売)の3色。