アップル、iOS 9.0.2をiPhone 6sなど向けに提供開始。Siriを使ったロック画面回避の脆弱性も修正

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年10月1日, 午前 09:10 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
 
アップルが iOS 9.0.2 をリリースしました。話題となっていた Siri を使ったロック画面回避の脆弱性を含む複数の脆弱性をを修正しています。
 iOS 9.0.2 の習性内容は以下のとおり。
  • Appのモバイルデータ通信の使用状況のオン/オフを切り替える設定の問題を修正
  • 一部のユーザでiMessageのアクティベーションができない問題を解決
  • iCloudバックアップが手動バックアップ開始後に中断されることがある問題を解決
  • 通知の受信時に画面が不適切な向きで表示されることがある問題を修正
  • Podcastの安定性を向上

アップデート対象の端末は、iPhone 4S以降、iPad 2以降(Air含む)、iPad Mini全モデル、第5世代以降の iPod touch。

これ以外にも、セキュリティ関連の修正のとして Siri を使ったロック画面の脆弱性も解決しています。単なるバグフィックスと思って後回しにせず、できるだけ速やかに適用されることをおすすめします。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, BugFixes, iOS, iOS 9.0.2, ipad, iphone, security fix, siri, update
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents