VAIO株式会社が、同社製PCシリーズのWindows 10版モデルを一斉に発表しました(タイトル写真はVAIO Z CanvasのWin 10版)。ハードウェア的な変更点はほぼありませんが、価格も同等構成であれば同一です。

対象はVAIO Z CanvasとVAIO Z、VAIO Pro 13 mk2の3シリーズ。カスタマイズモデルの受注は速くも10月6日、つまり本日の午前9時からスタートします。なおVAIO Fit 15E mk2 シリーズは若干遅れて、11月の発表となります。



クリエイター向け高速タブレットPC『VAIO Z Canvas』の個人向けカスタマイズ対応モデルは、先行受注が10月6日午前9時から開始で、最速到着日が10月22日。価格はオープンで、市場想定価格は約25万円から)。

法人向けカスタマイズモデルも、先行受注は10月6日午前9時から開始で、最速到着日が10月22日。市場想定価格は約25万5000円からです。

個人向け標準仕様モデルは2015年10月22日から発売開始。市場想定価格は24万9800円です。


特徴は、本来は大型ノート向けとされるTDP(発熱と消費電力の目安)47W版CPUの搭載や、最大16GBのメインメモリ、1TB(512GB×2枚構成)のPCI Express接続SSDをはじめとする、処理速度へのこだわり。ハードウェア的に素早くオン・オフが切り替え可能なタッチパネルなど、クリエイターから寄せられた意見を元に、操作性でもユニークな点を盛り込んでいます。

詳細は、以下の発表時記事と動画レビューを参照ください。

VAIO Z Canvas は5月29日発売、25万円前後から。ペン対応のクリエイター向けタブレット PC​

VAIO Z Canvas動画レビュー。怪物級タブレットPCのベンチマーク計測、気になるファン音などチェック​



タブレット型に変形可能な高速ノートPC『VAIO Z』の個人・法人向けカスタマイズ対応モデルは、先行受注が10月6日午前9時から開始で、最速到着日が10月15日。価格はオープン(市場想定価格は約19万円から)。

法人向けカスタマイズモデルも、先行受注は10月6日午前9時から開始。最速到着日が10月15日。価格はオープン(市場想定価格は約25万5280円から)。

個人向け標準仕様モデルの2機種は、2015年10月15日から発売開始。上位モデル『VJZ13A9BBM1』が市場想定価格25万5280円。こちらはCPUがCore i7(-5557U)、SSDが256GBという、Win 8.1世代ではなかった構成です。

標準モデル『VJZ13A9DPC1B』は、従来と同じくCore i5とSSD 128GB構成のモデル。市場想定価格21万5280円です。




特徴は、2軸回転式によるフリップ型変形機構や、JEITA 2.0測定法で約15.2~15.5時間という長時間バッテリー駆動、WQHD(2560×1440)解像度に対応する13.3インチ液晶、本体サイズに比して搭載難度の高いTDP 28W版CPUを搭載する点、最高512GBかつPCI Express x4接続で高速なSSDなど。高価ですが、その分性能や駆動時間へのこだわりが垣間見えるモデルです。



詳細は、以下の発表時記事を参照ください。

VAIO Z 2015年モデル発表。MacBook Air 13同等サイズにMBP並の高性能、15時間駆動のフリップ型ノート

VAIO Z設計者が解体する『VAIO Z徹底分解』レポ。開発名は神龍、Fitからは99%新規設計



軽量かつタフなビジネス向けモバイルノート『VAIO Pro 13 mk2』の個人向けカスタマイズ対応モデルは、先行受注が10月6日午前9時から開始、最速到着日が10月15日。価格はオープンで、市場想定価格は約11万円から。

法人向けカスタマイズモデルも先行受注は10月6日午前9時から開始で、最速到着日が10月15日。市場想定価格は約11万5000円から。

個人向け標準仕様モデルは、2機種構成で10月15日から発売開始。上位モデル『VJP1329GCP1B』は、2015年10月15日から発売開始。市場想定価格は14万4800円。
標準モデル『VJP1329SCN15』は、従来と同じくCore i5とSSD 128GB構成のモデル。市場想定価格10万9800円です。

特徴は、Broadwell-Uこと第五世代Core i CPU (TDP 15W版)やモバイルノートとしては珍しいVGAディスプレイ出力や有線LANの搭載、そして四隅に対して5cmの高さから5000回落下させる角衝撃試験や50kg重・1時間の加圧振動試験、ペンを挟んだ状態で液晶面を閉じる試験などをパスするタフ設計など。

詳細は、以下の発表時記事を参照ください。

VAIO Pro 13 mk2発表。ビジネス向けに路線変更、耐久性と使い勝手を高めた13.3型軽量ノートPC

なおWindows 8.1版モデルは、VAIO Zのカスタマイズモデルを除き継続販売となります。

同社は合わせて、以前より予告していたVAIO Z Canvasの米国販売を開始。こちらは販売代理店であるtranscosmos America Inc. ECサイト経由に加え、全米110店舗以上でのMicrosoft Storeによる販売も行います。