幕張メッセで10月7日に開幕する CEATEC Japan 2015より。シャープは2足歩行するロボット型携帯電話 RoBoHoN(ロボホン)を出展しています。歩くだけでなく顔認識や会話機能を備え、メールや写真・動画の撮影も「ロボットに話しかけてお願いする」ことで操作できます。
まずは動画をご覧ください



RoBoHoNはロボットクリエーター高橋智隆氏が率いるロボガレージとシャープの共同開発製品。「高橋氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合した次世代の携帯情報端末」を自称します。

シャープはこれまで、喋って感情を持つロボット掃除機 COCOROBO を販売。スマートフォンでは人工知能とセンシング技術を活用した エモパー を実装しています。RoBoHoNはそれらの集大成的な製品で、親しみやすい2足歩行型ロボット携帯と音声対話インターフェイスが特徴です。



背面には小さなタッチ画面を搭載。電話・メッセージ・電話帳などのアプリが並びます。

主な仕様は Snapdragon MSM8926 1.2GHzクアッドコア、3G / LTE / Wi-Fi (802.11 b/g/n)、2.0インチ QVGAタッチディスプレイ。防水防塵には非対応。

機能は音声通話、メール、アプリ、検索、カメラ、プロジェクター、顔認識、歩行、起き上がりなど。



頭部にプロジェクターを備え、ロボに「〜を見せて」と話しかけることで、壁に写真や動画、地図などを投影して見ることも可能です。



持ち歩けるようキャリングケースも用意。『いつも持ち歩いて会話することで、どんどん愛着が湧き、話しかけたくなる。ユーザーが話しかける回数が多ければ多いほど、コンテンツをおすすめする精度が高まる』(シャープ) 



スーツのポケットに入れて持ち運ぶには無理のあるサイズ感。



着信時にはこのように耳に当てて応答します。また、スピーカーフォンとして使うこともできます。

親しみやすく愛くるしい小型2足歩行ロボット形態と、感情豊かな音声対話インターフェイスで、人の感情に訴えるRoBoHoN。単なる道具ではない、ユーザーのパートナーとしての電話のあり方を提案した端末です。2016年前半に発売予定。投入キャリアや販売価格は未定です