ソニー、Android 6.0 Marshmallowに更新する14機種を発表。Xperia Z2以降が対象

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年10月6日, 午後 09:22 in android
0シェア
FacebookTwitter


ソニーモバイルは、Android 6.0 Marshmallowへのバージョンアップを提供するXperia 14機種を発表しました。Xperia Z2以降のスマートフォン・タブレット14機種が対象です。
ソニーがAndroid 6.0 Marshmallowを提供するのは下記14機種です。
  • Xperia Z5
  • Xperia Z5 Compact
  • Xperia Z5 Premium
  • Xperia Z4 Tablet
  • Xperia Z3+
  • Xperia Z3
  • Xperia Z3 Compact
  • Xperia Z3 Tablet Compact
  • Xperia Z2
  • Xperia Z2 Tablet
  • Xperia M5
  • Xperia C5 Ultra
  • Xperia M4 Aqua
  • Xperia C4
Android 6.0 Marshmallowの主な新機能は、Google Nowを拡張した新機能『Now on Tap』など。これは表示しているコンテンツの文脈を解析し、ユーザーが求めるであろう情報を提示する機能。

例えば音楽を再生中に「この歌手の本名は?」と尋ねると歌手名を回答してくれたり、レストランの名前がメッセージに届いたら、ホームボタンを長押しするだけで、店のレビューやネット予約、ディナーの予定入力といった、予測されるアクションをガイドします。

その他、待機中のバッテリー駆動時間を延長する『Doze』モード、アプリのパーミッション変更をインストール時だけでなく、アプリが実際にその権限を求めてきた際に行える機能、指紋認証のネイティブサポートなど。


Android 6.0 Marshmallowの新機能まとめ



バージョンアップの提供時期は明かされていません。また、上記リストに含まれている機種でも、通信事業者によってはアップデートが提供されないと案内されています。特に日本市場では、グローバルではOSバージョンアップが提供される機種でも、OSバージョンアップが提供されない場合があるため注意が必要です。(例:Xperia Z)

なお、NTTドコモは9月30日に開催した2015-2016 冬春モデル新商品発表会で、冬春モデルのAndroid 6.0バージョンアップの迅速化に意欲を示していました。

ドコモ、Android 6.0更新について『グローバルとの差を縮めたい』迅速化に意欲

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, Android6.0, marshmallow, SONY, SonyMobile, xperia
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents