HoloLens用Mixed Realityゲーム Project X-Ray発表。部屋全体をゲームステージ化

Shinichi Yamoto
Shinichi Yamoto
2015年10月6日, 午後 11:33 in Microsoft
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトのWindows 10 デバイス発表会より。
マイクロソフトは、HoloLens用Mixed Reality(拡張現実)ゲーム、『Project X-Ray』を発表しました。
『Project X-Ray』は、視界に3D映像を重ねて表示するバイザー型ホログラム・コンピュータ「Microsoft HoloLens(ホロレンズ)」用のゲーム。
部屋にある家具や壁などの上に、敵ロボットの3D映像を重ねて表示することにより、部屋全体をゲームのステージとしています。
デモンストレーションでは、壁を"突き破って"謎のチューブが出現。そこから出現する敵ロボットどもを、手の"銃"で撃っていました。



敵の攻撃を回避する際もプレイヤー自身が身体を動かすなど、拡張現実ゲームらしい操作も特徴。

捕まえた敵を壁や他の敵にぶつけると爆発するなど、3D映像と現実の風景が相互作用する様も見られました。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Microsoft, Project X-Ray, windows10
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents