マイクロソフトがサプライズ発表した合体式ハイエンドノート Surface Book の実機写真ギャラリーをお届けします。Surface Book は13.5インチ3000 x 2000のペン対応画面、Core i5/ i7プロセッサ、最大16GB RAM、モデルにより GeForce GPU (GDDR5メモリ)などを備える高性能ノート。

プレゼン中でも「13インチ級史上最高性能」「MacBook Proの二倍高速」と強調したように、映像や3Dグラフィックなどのプロがクリエイティブ用途にも使えるよう、MacBook Proのカテゴリを狙った製品です。

最大の特徴は「クリップボード」と呼ばれる画面側と、キーボードベース側が分離するデザイン。ベース部にフルサイズUSB 3.0やSDXC、単体GPUなどを納めた設計により、単体ではSurface Pro 4よりも軽い728gの大画面ペン対応 Core i タブレットとして使え、合体させれば単体GPUの性能をフルに回せます。




情報の事前漏れが非常に少なかった今回のイベントですが、Surface Pro 4についてはどうやら二種類あるらしい、片方は従来の12インチ級よりも大きく性能も高いようだ、といったうわさだけはありました。

フタを開けてみれば、13.5インチ3000 x 2000 画面の Surface Book こそがうわさの「大きいSurface」でした。しかしマイクロソフトはプレゼンテーションで、まずは Surface Book を高性能なノートPCとして紹介し、最後に発売日や価格(1499ドル〜)で締め、と見せかけつつ、突如「実はこれも画面側とキーボード側が分離します」とサプライズ演出でいわゆる 2 in 1 であることを印象づけました。

Surface 3 や Surface Pro 4 もキーボードが分離することには違いがありませんが、従来のSurface はタブレット側がすべてを含んだ本体であり、キーボード側はあくまでカバー兼キーボードでしかありませんでした。

しかし Surface Book はキーボード側に GPU やフルサイズインターフェースなどを持たせることにより、分離時には大画面ながら薄く軽いタブレットとして、合体時には高性能GPUを備えたフル機能ノートとして使い分けができます。重量はタブレット単体ならば728g、合体時には1516g〜。タブレット側とベース側が同じ程度の重さです。

また他社の2 in 1 ノートのように、画面側を裏返して合体させ畳むことで、画面側を外に微妙な傾きをつけてペン入力しやすく、かつフル機能で使うモードもあります。

価格は1499ドル「から」。しかしこれは Core i5プロセッサ、8GB RAM、単体GPUは非搭載、128GB SSDなどローエンド仕様。ストレージを倍の256GBに、Dedicated GPUもつけると1899ドル。現在マイクロソフトストアにあるうちの最上位では、Core i7、16GB RAM、512GB SSD、dGPU、GDDR5メモリで2699ドルなど。