Engadget 日本版 YouTube チャンネルより。クラフトがっきは、紙に導電性インクのペンで絵を描き、専用デバイスに挟んでアプリと接続すると、イラストが楽器になるというプロダクト。ソニー・ミュージックエンタテインメント、STARRYWORKS、ココノヱの3社が共同開発したものです。CEATEC JAPAN 2015で展示とデモンストレーションを行いました。

イラストを音楽を連携した絵遊びが可能で、最大4人までセッションが可能です。動画の尺は3分26秒。 

動画は以上です。チャンネル登録の上、お楽しみください。

CEATEC関連の動画は、などがあります。

【関連記事】