アップルが iMac の発売とともにビデオ編集ソフト iMovie もアップデートしました。新機能としては iOS 版 iMovie に続き4K映像の編集に対応したこと、そして iOS 版 iMovie で途中まで編集した映像を引き継ぎ、Mac 版 iMovie で仕上げるといったことも可能となりました。
 

すでに iOS 版では可能だった4K動画の編集ですが、今回のアップデートによって、iPhone 6s / 6s Plus で撮影した4K動画を移動中に途中まで編集しておき、自宅や職場に戻ってから編集途中の動画を作品に仕上げることが可能になります。また、1080p/60fps の動画編集にも対応。運動会など動きの激しい映像も、もとの素材が 60fps で記録されていればなめらかな動きのまま編集し、出力できるようになりました。

iMovie の中で4K動画をフル解像度で再生するには Retina ディスプレイ搭載の iMac、または4K解像度以上のディスプレイを接続した Mac Pro(2013年以降)がサポート。4K解像度での書き出しは2011年以降の発売で 4GB 以上の RAM を搭載する Mac が対応します。対応するOSのバージョンはOS X 10.10.5 以降です。

その他、主な新機能は以下のとおり。
  • 対応する Mac コンピュータで、圧倒的に美しい4K解像度(3840×2160)でムービーを作成および共有
  • よりリアルでスムーズな動きを実現する1080p HD/60 fpsビデオでムービーを作成および共有
  • iOS 用 iMovie(バージョン2.2以降)からムービーや予告編を読み込んで、iOS デバイスで編集を始めたムービーを Mac で仕上げることが可能に
  • 新しくなったメディア表示で、ライブラリ内のブラウズ時に一度により多くのビデオや写真を表示
  • プロジェクト表示でムービーや予告編を簡単に検索して選択
  • ムービーの編集中にブラウザのタブからタイトル、背景、トランジション、ミュージックにすばやくアクセス
  • ムービーの編集中にブラウザを隠すオプションを追加
  • iOS 用 iMovie に含まれる10種類のビデオフィルタを追加
  • Retina 5K ディスプレイ搭載の iMac で、ムービーの編集中に4Kビデオをピクセル単位で表示


4K対応の Mac 版 iMovie はすでに Mac App Store からダウンロード可能。新規インストールの価格は1200円。