NTTドコモは、Android 6.0 Marshmallowを搭載したスマートフォン Nexus 5X を10月22日に発売します。下り262.5MbpsのPremium 4G、VoLTEに対応。SIMロック付きですが、割引前本体価格はSIMフリーGoogle Play版より約3万円高い9万3312円(税込)となっています。

ドコモ版の主な仕様に関してはワールドワイド版と同一。MarshmallowことAndroid 6.0の搭載や、背面の指紋リーダーをはじめ、クアルコムのSnapdragon 808 SoCと2GBのメインメモリ(RAM)、暗所撮影用にイメージセンサーの画素ピッチを広げた1230万画素リアカメラといった特徴はそのままです。

内蔵ストレージ容量は32GB版のみ(Google版は16GB版もあり)

なお、詳細な仕様に関しては、下記の発表時記事を参照ください。

速報:Google Nexus 5X発表。Android 6.0 マシュマロ搭載のLG製ミッドレンジ

Nexus 5 / 5X 仕様比較。2年ぶり更新で指紋認証に4K撮影など強化。ストレージは最大32GB

割引前本体価格は9万3312円。Nexusスタートキャンペーン適用後は8万2512円です。SIMフリーのGoogle Play版(32GB)の価格は6万3400円。ドコモ版の割引前価格は約3万円も割高です。なお、月々サポート(10年未満の場合)が1413円(×24ヶ月)つくため、2年間の継続利用時の実質価格は3万3912円です。

このように、本体価格はNTTドコモ版が割高なものの、継続利用を前提とすれば割安になります。



なお、NTTドコモはNexus 5Xの購入者全員に、ダンボール製のVRゴーグル Google Cardboardをプレゼントするキャンペーンを実施。また、先着1万名に5000円分のGoogle Playクーポンがプレゼントされます。

段ボール製VRゴーグル『Google Cardboard』 Android / iOSアプリが日本語化、ストリートビューにも対応