auはソニー製スマートフォン Xperia Z5 SOV32 を10月29日に発売します。

SOV32はXperia Z5のau版。グローバルの仕様に加え、日本仕様としてワンセグ・フルセグおよびおサイフケータイに対応します。本体価格は8万4240円(以下税込)。毎月割(24ヶ月)適用後の価格は新規・機種変更が4万3200円、MNPが0円です(いずれもauスマートパス加入時価格)。

Xperia Z5はソニーの新フラグシップスマートフォン。9月初旬にドイツ・ベルリンで開催された国際家電ショー IFA 2015で正式発表されました。

プロセッサはSnapdragon 810、RAM容量は3GBなど、 Xperia Z4のスペックを引き継ぎます。ただ、機能が大きく強化されました。その一つが指紋認証です。


指紋認証はサイドの電源ボタンがスキャナの役割を担います。電源ボタンをワンプッシュで即座に画面のロックが解除。そのスピードはアップルのTouch IDと体感的には同等かそれ以上。サムスンの過去のスマートフォンのように指を指紋スキャナの上で滑らせる必要もありません。

電源ボタンに指紋スキャナを実装したため、電源ボタンの見た目や押し心地はZ4から大きく変わりました。具体的にはサイズが大きく、押し心地がより柔らかくなっています。

通信機能は、下り最大300Mbpsのau 4G LTEキャリアアグリゲーション(CA)に対応。さらに、WiMAX 2+のCAにも対応し、こちらは受信最大220Mbpsとなります。



カメラはソニーのデジタル一眼αの技術とモバイルの技術を融合したという強力な仕様。ソニー自慢の 1/23インチ2300万画素 Exmor RS for mobileセンサ、広角24mm相当のF2.0レンズを搭載し、5倍デジタルズームでも高精細な写真を撮影します。

AFは位相差式とコントラスト式ハイブリッド。iPhone 6 や サムスン Galaxy S6 など各社のスマートフォンと比較して最速という 0.03秒で合焦します。



カラーはグローバルと同じ4色展開。ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンです。背面はXperia Z4までの光沢ガラスから一新し、磨りガラス風のフロステッドガラスを採用。マットな質感で指紋や皮脂があまり目立たなくなりました。

au Xperia Z5は10月29日に発売予定。本体価格は8万4240円(以下税込)。毎月割(24ヶ月)適用後の販売価格は新規・機種変更が4万3200円、MNPが0円です。

またauは、10月28日までに Xperia Z5 を予約・購入したユーザー全員に au WALLET プリペイドカードに2000円チャージするキャンペーンを実施。このほか、auの契約期間が10年を超えるユーザーには、Xperia Z5への機種変更で au WALLETプリペイドカードに5000円チャージするキャンペーンを実施します。

ソニー Xperia Z5 使用感。手に馴染む磨りガラス背面、指紋認証&カメラ強化で『完成形』から大きく進化

手鏡にもなるXperia Z5 Premium。ASUS会長も興味津々で映りこみ (動画)