Other

LGエレクトロニクスは10月21日、ゼネラルモーターズ(GM)の次世代電気自動車「シボレー Bolt(ボルト) EV」の開発パートナーに選ばれ、「シボレー Bolt EV」に使うバッテリーなどの部品やシステムを供給することを発表しました。

「シボレー Bolt EV」は、航続距離200マイル(約322km)以上の走行が可能な電気自動車で、2015年1月に米デトロイトで開催された北米国際自動車ショーにてコンセプトを発表しています。

LGエレクトロニクスは、「シボレー Bolt EV」向けに電動モーター(GMの設計に基づいて開発)、バッテリーセルおよびバッテリーパック、計器盤、インフォテインメントシステムなど合計11の部品・システムを供給します。

LGエレクトロニクスによると、GMは長距離走行が可能な手頃な価格帯の電気自動車を開発するため、インフォテインメント分野やバッテリーシステム、コンポーネント開発の専門知識・技術を組み合わせられるサプライヤー提携先を必要としていたと発表しています。

なお、「シボレー Bolt EV」の生産開始は2016年後半になる見通しです。