YouTube が、定額制の動画・音楽配信サービス YouTube Red を発表しました。うわさどおり、広告なしの動画サービスと音楽ストリーミングの YouTube Music Key を一つにまとめたサービスで、月額は9.99ドル。サービスには著名 YouTuber を起用したオリジナルの動画コンテンツなども含まれます。
 
 YouTube Red の特徴は動画と音楽ストリーミングをセットで提供するところ。定額制となるため広告表示もなく、オフライン視聴やバックグラウンド再生にも対応します。

オリジナルコンテンツの提供も目玉のひとつです。YouTube はいくつかのオリジナルコンテンツの予定を合わせて発表しましたが、こちらは著名 YouTuber フル活用といったところ。オリジナルコンテンツとしてテレビのようなドラマシリーズを製作するだけの他のサービスとは一味違う雰囲気を醸し出しています。
 

さらに、すでに日本でもサービスを提供している Google Play Music のユーザーは、YouTube Red もそのまま利用可能。音楽ストリーミングサービスと広告なしの動画見放題サービスが月額9.99ドルで手に入るわけで、音楽のみ、または動画のみの他の定額制サービスに比べると多少のお得感が感じられます。

YouTube は、動画と音楽だけでなくすでにサービスを提供中の YouTube Gaming、Chromecast や Apple TV にも対応した YouTube Kids もすべて YouTube Red と連携するとしています。つまりユーザーは YouTube Red を契約しておきさえすれば、細分化しつつあった YouTube の各サービスへ簡単にアクセス可能となりそうです。

なお、YouTube は先月、動画から収益を得ているユーザーに対し、契約の更新を求めるメールを送っていました。メールには、契約を更新しなければこれまでにアップロードした動画の(米国における)公開が停止され、収益も得られなくなると記されていました。更新の期日は本日10月22日。まだ更新していないという方はお早めに。