マイクロソフトが渋谷で開催中のSurfaceシリーズ新製品発表会より。開発担当としてプレゼンを担当する米国マイクロソフトのブライアン・ホール氏 (Surface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャー) が、日本での発売が正式に発表されたSurface Pro 4に続き、Surface Bookも公開しました。

ただし、日本での発売に関してホール氏は「2016年早期の発売」となる旨をコメント。日本での発売はPro 4が先となることを明かしました。



Surface Book (写真中央) は分離式キーボードを搭載し、タブレットとしても使えるノートPC。他のSurfaceシリーズは「タブレットが主でキーボードが従」なのに対し、Bookは「合体時が主で分離時が従」というスタンスのモデル。そのため販売も、Bookはキーボード部とセットです。



性能はPro 4を上回り、たとえばディスプレイの大きさは13.5インチ、解像度も3000×2000ドットとPro 4以上。さらにキーボード側に搭載されたGeForceシリーズの単体GPU (ただし性能など詳細は不明) など、とくにグラフィックス処理へ注力したモデルです。



こうしたスタンスからマイクロソフトはキャッチを「究極のラップトップ」としており、また「マイクロソフト初のノートPC」とも呼ばれる存在。想定ライバルはもちろんMacBook Proですが、「最高で2倍パワフルである」とアピールします。



また、米国での発表より詳細に語られたのは、キーボードについて。開発陣はかなり自信があるらしく、ホール氏のプレゼンでは「マイクロソフトがキーボード第一号機を開発したのは25年前。この25年間のノウハウをすべて入れたキーボードである」とアピールします。

詳細は、米国での発表時記事を参照ください。

速報:マイクロソフト Surface Book 発表。13.5インチ「究極性能」をうたう2 in 1ノート。Core i7、GeForce、最大16GB RAMなど



さて、発売時期の違いについて説明担当に尋ねたところ、「米国での売れ行きが想定以上ということもあり、まだ十分な数が揃えられないため。そこで日本では、十分な数量を見込める体制になってから発売するという決断をした。もちろん可能な限り早期にするよう考えている」という旨のコメントがありました。



こうした事情もあってか、発表会で公開された実機は英語版のみ、さらに触れられないという形態。記者の間でも「発売が決定したのは嬉しいが、とくにキーボードの完成度が気になるモデルだけに、実機は触ってみたかった」との声が上がりました(筆者含む)。





このように、発表会では若干混乱気味のムードとなりましたが、ともあれ日本での (ほぼ) 正式発売が決定したことは喜ばしい限り。米国での発表からとても気になるという方は、2016年に向けて貯金をしておくのがよいタイミングやもしれません。