Other
XYZプリンティングジャパンは、手持ちしやすいU字型フォルムの3Dスキャナー「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を発表、11月10日より販売します。小型軽量で持ち運びやすく、価格が2万2800円(税込、以下同)とリーズナブルな点が特徴です。同社の直販サイトや各ECサイトなどで予約を受け付けています。

「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」は、41(W)×61(D)×157(H)mmとコンパクトなサイズと、238gという軽さが特徴の3Dスキャナーです。インテルのRealSenseテクノロジーを採用し、デプスカメラと赤外線照射を利用して、さまざまなオブジェクトをフルカラーで3Dデータ化できます。また、スキャンしたデータは、さまざまな3Dソフトで扱えるSTL/OBJ形式で保存されます。
Other
使い方も簡単で、Windows 8.1(32/64bit)以降を搭載したパソコン(第4世代 Intel Core i5以上、メモリ4GB以上を推奨)のUSB 3.0ポートに挿し、専用ソフト「XYZscan」をインストールして起動するだけ。ソフトを収めたSDカードも同梱しているので、製品を購入すればすぐに利用できます。

最大スキャンサイズは「オブジェクトモード」だと60×60×30cm、「ヘッドモード」だと40×25×40cm、スキャン精度は1.5mmです。

なお、3Dプリンター「ダヴィンチ」シリーズの「1.0A / 2.0A Duo / 1.1 Plus」と「ダヴィンチ Jr. 1.0」に1万5000円上乗せした価格で、「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」をセットにした「3Dスキャナーパック」も販売します。これらは、11月10日~2016年1月15日の期間限定のキャンペーンモデルです。