LINEがiPhone 6sの3D Touchに対応。強押しでQRコード、通知OFFに直接アクセス

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年10月29日, 午後 05:00 in 3dTouch
0シェア
FacebookTwitter


LINEがiPhone 6s / Plusの感圧タッチ 3D Touch に対応しました。ホーム画面のアイコン強押しでショートカットメニューを表示。LINEの連絡先交換に便利なQRコード表示や、通知の一時停止などのコマンドにダイレクトアクセスできます。
3D Touchは iPhone 6s / Plusの主要な新機能。画面をタップではなく強押しすることで、ショートカットの表示やアプリの切り替え、リンク先のプレビューなどさまざまな操作が可能です。



3D Touchへの対応は、10月27日に公開されたバージョン 5.6.0から。なお、更新内容に3D Touchへの対応は記載されておらず、ひっそり対応したかたちです。

3D Touch対応で可能になったことは、現時点ではアイコン強押しによるショートカットメニューの表示のみです。QRコードの表示や通知の一時停止といった、普段もたもたする操作を一発で行えるようになりました。とはいえ、アップル純正アプリが対応する3D Touchのそのほかの機能(ピークやポップ)には対応しておらず、今後の実装に期待したいところです。

バージョン 5.6.0の3D Touch以外の新機能としては、『電話番号』による友だち検索、電話帳の名前の頭に「#」を付けることで自動友だち追加を選択的にオプトアウトできる機能など。また、iPhoneに保存した写真をダイレクトでKeepに保存できるようにもなりました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3dTouch, Apple, iphone6s, iPhone6SPlus, line, sns
0シェア
FacebookTwitter