Other

電子工作用部品を取り扱うスイッチサイエンスは、小型軽量な基板にGPS、気圧計、9軸モーションセンサーなどを搭載したロガー『ちょっとすごいロガー(NinjaScan-Light)スイッチサイエンス版』を、10月30日に発売します。直販価格は2万3760円(税込)。

fenrir氏が開発を主導しているオープンソースハードウェア『すごいロガー』シリーズを製品化したもので、大きさは25×38×8.5mmで重さは5gと小型軽量。航空機やドローンなど移動するものに搭載しやすい点が特徴です。

Other

3軸の加速度センサー、3軸のジャイロセンサー、3軸の地磁気センサー、気圧計、GPS受信機、温度センサーを搭載し、各センサーで取得したログデータはmicroSDカードに書きこまれる仕組み。また、PCとUSB接続してリアルタイムでデータを取得することも可能です。

電源は1セル3.7Vのリチウムポリマー電池か、MicroUSB経由による給電のどちらかを使用できます。

付属品は、GPSアンテナ(U.FLコネクタ)、ZH型ハウジング付きケーブル、SH型ハウジング12ピン(拡張用)、SH型ハウジング用コンタクト圧着済ケーブル5本、USBケーブル、U.FL~SMAメス変換ケーブル(一般的なGPSアンテナ接続用)、BECメス型コネクタ付きケーブル(ラジコンの電源用)です。なお、リチウムポリマー電池とmicroSDカードは付属しません。

ドローンをはじめ、使用時に移動を伴う機器の性能を測定する場合などに便利なセンサーです。SDカード並みの大きさなので搭載できる機器の幅が広いことから、例えば小型ドローンに搭載して性能を測る場合などに威力を発揮します。