スバルが自転車を開発中? 意味ありげなボタンやUSBを備えたコンセプトモデル:東京モーターショー2015

AutoblogJapan Staff
AutoblogJapan Staff
2015年11月4日, 午前 10:30 in cycle
0シェア
FacebookTwitter
富士重工業(以下、スバル)は、東京モーターショー2015のメインステージに、スバルブランドロゴ入りのスペシャルな自転車を出展したのでご紹介しよう。

自動車メーカーブランドでは、欧州ブランドを中心に、デザイン、素材に凝った高級な自転車を販売している。

スバルブランドの自転車は、以前、クロスバイクや折りたたみ式自転車を発売したことがあったとのことだが、現在のところ販売されているモデルはない。


既にモーターショーに行かれた読者は気が付いたかと思うが、今回ご紹介する自転車は「VIZIV FUTURE CONCEPT」の右手に2台並べられていた。

説明員によると、本当は自転車を積載した状態で設置したかったそうだが、事情があってそれが叶わなかったとのことだ。

バンパー下部からトレイのようなものを引き出すことができ、そこに自転車を載せることができるというのが、コンセプトカーのポイントの一つとなっている。

今回、自転車が登場した背景はその機能説明をするために、コンセプトカーのデザインとマッチするスタイリッシュなデザインの自転車が必要ということで作られたようだ。

積載方法の詳細は、文末の動画でチェックしてほしい


一見同じように見える2台であるが、奥のモデルはカーボンのラインを強調したデザインを採用するなど、各々細かいこだわりを感じさせるデザインとなっている。

サドルの高さ調整シロやバッテリーの積載スペースがなさそうな点などはコンセプトモデルということで今回は考慮されていないようだ。

ちなみに本体に記載のQRコードはスバルのWEBサイトが表示されるコードとなっているとのことだ。


なんと、フレーム上部には操作パネルがあり、自動車でいうところの「SI-DRIVE」の切り替えスイッチが装着されている。

ステージ前では見ることができず、イメージビデオにも登場しないという隠れたこだわりポイントだ。

説明員によるとスバルらしさを表現した操作スイッチということだが、実際は特に機能しないということだ。なぜかサドルにもUSBコードがついているなど、色々細かなこだわりが盛り込まれたスバル製自転車だが、コンセプトモデルということで、残念ながら販売の予定はないとのこと。

コンセプトでとどまらず、電動アシストでSI-DRIVEを搭載したスバルらしい自転車をぜひとも作ってもらいたいものだ。

■スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp


SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT World Premiere Video

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cycle, subaru, tms2015, TokyoMotorShow, TokyoMotorShow2015
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents