アウディが3Dプリンターで戦前のレーシングカーを復活。アウトウニオン「タイプC」の小型レプリカ

AutoblogJapan Staff
AutoblogJapan Staff
2015年11月11日, 午前 05:45 in 1936 auto union type c
0シェア
FacebookTwitter
乗ってみたい! アウディが3Dプリンターで造ったアウトウニオン「タイプC」の小型レプリカ
まずは上の写真をご覧いただきたい。アウディの生産担当取締役でフォルクスワーゲンの工具製作主任を務めるHubert Waltl博士が嬉しそうに運転しているのは、1936年型アウトウニオン「タイプC」の2分の1スケールのレプリカ。これは社内で3Dプリンターを使って製作されたという。
とは言っても、全体を1度にプリントできるわけではない。そうやって作るにはあまりにも大きすぎるからだ。アウディの工具製作部門は、金属プリント技術の可能性を探るため、全てのパーツを2分の1サイズで製作し、このレプリカを組み立てた。そのモデルとなったのが、戦前のGPレーシングカー「シルバー・アロー」の中で、最も成功を収めた1台だ。このレプリカは9年前に同社が公開したペダルカーや、約5年前に公開したコンセプトカー「e-Tron」と本質的に似ている。だが、今回はより進化した製造技術が使用された。

乗ってみたい! という好奇心が高まる一方で、このハーフサイズのマシンは、アウディとVWグループが製造における3Dプリント技術の分野を顕著に進歩させたことを示している。その技術は、鋼やアルミの粉末金属をレーザー焼結し形成していくというものだ。粉末金属の1粒は、人間の毛髪の半径に相当するサイズであるという。現在、この方法で高さ200mm、幅240mmまでの物体を製作することができるそうだ。このアウトウニオンがいくら実車の半分サイズとはいえ、1度に全体をプリントアウトするにはまだ大きすぎるのだ。



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 1936 auto union type c, 3d printing, audi, audi toolmaking, auto union, auto union type c, official
0シェア
FacebookTwitter