ぺんてるは11月10日、記入した単語をスマートフォンの専用アプリで撮影することで、アプリ上に単語カードを作成できる単語張「SmaTan」(スマ単)を発売しました。文具や事務用品などを取り扱うプラス社が企画協力しており、同社のノート「Ca.Crea」をベースに製品化されました。価格は450円(税別)。

SmaTanは、ページ内が特殊な線で区切られた単語張です。見開きの左ページに覚えたい単語、右ページに意味を記入し、見開き状態のまま「SmaTan」と同名の専用アプリで撮影することで、一度に最大12枚の単語カードをアプリ内で作成してくれます。

専用アプリでは、単語が書かれたカードを1枚ずつ表示し、タップすると意味を確認できます。単語カードをランダム表示する機能のほか、単語の意味を覚えられたカードと、覚えられなかったカードを分類できる機能も用意。覚えられなかったカードだけを表示し、苦手な単語を集中的に学習するといった使い方も可能です。

専用アプリの対応OSは、iOS 8.1以上、Android 4.4以上。ノートの大きさは215×115×10mm、ページ数は40枚。