動画:どんな乗り物も運転できるロボ開発計画、ヤマハ2年後に2輪世界王者越え (インタビュー)

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2015年11月13日, 午後 08:15 in Engadget JP channel
0シェア
FacebookTwitter

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。エンジンがついている方のヤマハは、2017年にもヒト型後付け自動運転ロボを開発します。このロボットで同社は、史上最強のライダー バレンティーノ・ロッシに勝つとしています。

後のせでサクサク走るそんな夢のようなロボットの名は「MOTOBOT」。ヤマハではヒト型とすることで、既に存在するさまざまな乗り物に後付けで自動運転機能が搭載できるようになるとしています。その最初の取り組みがMOTOBOTとなり、今回ver.1が披露されました。6分12秒のインタビュー動画をご覧下さい。  

続いてこちらはヤマハの公式動画。どうやら本気のようです。


動画は以上です。チャンネル登録の上お楽しみ下さい。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Engadget JP channel, Motobot, tms2015, TokyoMotorShow, TokyoMotorShow2015, yamaha
0シェア
FacebookTwitter