UQコミュニケーションズは、au網利用のMVNO『UQ mobile』がVoLTEに対応したと発表しました。11月17日(火)より対応SIMおよび料金プランの提供を開始します。
VoLTEは、これまで3Gの交換回線が主だった音声通話サービスを、LTEのIP通話ベースで行おうというもの。従来の通話では音声周波数が300〜3400Hzだったのに対し、VoLTEは通話の仕組みを変更し50〜7000Hz でやりとりできます。高音域の音質がつぶれずに聞こえるため、音声がよりクリアではっきり聞こえるようになります。

UQ mobileでVoLTEを利用するには、VoLTE専用SIMカードおよび auのVoLTE対応機種(SIMロック解除実施済みのもの)が必要です。動作確認端末についてはこちらで確認できます。

VoLTE対応の料金プランは下記の通りです。



料金は従来のLTEプランと同じです。月間データ容量が3GBまでで、受信最大150Mbpsの高速通信が利用できる「データ高速プラン(v)」「データ高速+音声通話プラン(v)」および、通信速度が最大500kbpsに制限されるものの、月間データ容量が無制限の「データ無制限プラン(v)」「データ無制限プラン+音声通話プラン(v)」の計4プランが提供されます。