米国のニュースサイトPopular Scienceは、中古車をオンライン販売するCarvana社が自動車専用の自動販売施設をテネシー州ナッシュビルにオープンしたと、報道しています。

自動車の自動販売施設は、自動車を20台まで保管できるガラス張りでタワー型の建物に、3カ所の出庫口を備えています。同社の公式サイトで自動車を購入した際に宅配と受け取りの2つの選択肢が提示され、自分で受け取りに行くことを選ぶと、この施設を利用できます。ナッシュビル以外で暮らしている人が受け取りを選んだ場合は、最大200ドル分の航空券をプレゼントしています。

施設には専用の端末を設置。顧客情報を入力すると専用のコインがもらえ、指定の挿入口にコインを入れることで、購入した自動車を機械が自動で出庫口まで運んでくれる仕組みです。

今後、同社はより多くの都市に自動車の自動販売施設を展開する予定としています。