Steam
ゲーミングPC専用OSとして設計されたSteamOSが、現時点ではゲームプレイに関するパフォーマンスにおいて、あらゆる面でWindows10に劣ることが明らかになりました。IT系ニュースサイトArs Technicaの実施したベンチマークテストにより、2つのOSのどちらがゲームに向いてるか容赦ない結果が突きつけられています。

Steam
SteamOSはValve社の提唱するPCゲーム用ゲーム機規格「SteamMachine」向けに設計されたOS。必要なハードウェア環境さえ満たせば一般のPCにもインストールが可能で、マイクロソフトのWindows10と違って完全に無料です。Valve社によれば素晴らしいグラフィックのパフォーマンスが引き出せるはずで、バラ色のゲームライフが待っているはずでした。



その夢を打ち砕きかねないのが、Ars Technicaの公表したパフォーマンス調査。テストはSteamOSとWindows10のデュアルブート仕様のPC上で行われ、マルチプラットフォームのペンチマークアプリGeekbench3が使われています。両OSともにシステムおよびドライバーは最新版にアップデート済み。
その結果は、SteamOSがあらゆる面において敗北。整数演算や浮動小数点演算など、CPU周りのパフォーマンスはWindows10に劣っていることが分かります。
Single

Ars Technicaはゲーム向けのGPUパフォーマンスも比較しようとしたものの、最近のゲームでグラフィック負荷の高い『Fallout4』や『Call of Duty: Black Ops 3』はLinux=SteamOS向けには未対応。はからずもSteamOSを選んだ場合、最新のゲームが遊べないリスクが高いことを示しています。

そんなわけで2014年中後期にリリースされた『Middle-Earth: Shadow of Mordor』と『Metro: Last Light Redux』の2本でテスト。いずれも3Dゲームのハイエンドタイトルですが、SteamOSはWindowsよりも21~58%もフレーム数が落ちることに。ウルトラ設定での『Shadow of Mordor』ベンチマークに至っては、Windows10では34.5fps(1秒間に画像を何回書き換えているかという数値)、SteamOSでは14.6fpsと惨敗しています。
Middle

絶対に負けられない戦いであるValve社の自社タイトルにおいても、SteamOSは枕を並べて敗北。わずかに『Left4Dead』だけが善戦しているのみで、切なさ炸裂の結果に終わってしまいました。

Valve

圧倒的な差が付いたのは、慢心、環境の違い......というよりは、ビデオカードのドライバーがWindowほどにはLinux向けには最適化されていないなどの要因が考えられます。いずれは改善が重ねられ、Windows10を凌ぐパフォーマンスが引き出されるかもしれませんが、今すぐゲームを遊びたい人がSteamOSを選ぶ判断材料としては微妙な結果となってしまいました。