ソフトバンクは、Androidタブレット Lenovo TAB2 を11月27日に発売します。画面は持ち運びが容易な8インチ。月月割適用で実質0円という低価格ながら前面にデュアルスピーカーを搭載し、YouTubeやNetflixなどの動画サービスで迫力あるサウンドを楽しめる点が特徴です。


Lenovo TAB2は、OSにAndroid 5.0 Lollipopを搭載したタブレットです。

主な仕様は、8インチ 1280 x 800ドットの液晶ディスプレイ、MediaTek MT8735 1.3GHzクアッドコアCPU、2GB RAM、8GBのストレージ容量(64GBまでのmicroSDXCカード対応)など。

メインカメラの有効画素数約500万画素、インカメラの有効画素数は約200万画素。バッテリー容量は4290mAh。ネットワークは SoftBank 4G / SoftBank 4G LTEに両対応。その他、Bluetooth 4.0、IEEE802.11 b/g/n (2.4GHzのみ) に対応します。

また、オーディオに力を入れており、本体前面にデュアルスピーカーを搭載するほか、特定音域の音量やダイナミックレンジを補正し、タブレット内蔵スピーカーでの弱点となる音割れや歪みを低減する技術を搭載。さらに、ヘッドホン接続自は5.1chバーチャルサラウンドにも対応します。

ソフトバンクは8月にVoD世界最大手のNetflixと提携、Lenovo Tab2にもNetflixアプリをプリインストールしており、番組を迫力あるサウンドで楽しめる点も訴求ポイントとしています。





本体カラーは、ミッドナイトブルーとパールホワイトの2色を用意しています。