タイトーがJR秋葉原駅構内に「駅ナカゲームセンター」なるものを設置しました。

ゲーム筐体の交通系電子マネー対応を告知する期間限定イベントで、Suica やPASMOなどをタッチすれば無料でクレーンゲームが遊べます。景品はお菓子やこのイベント限定の「電車に乗るインベーダー」トートバッグなど。


タイトーは今年5月からタイトーステーションなど全国のアミューズメント施設で、nanacoやEdy、WAONなど流通系電子マネーカードが使えるゲーム機を導入してきました。

たとえば秋葉原を象徴するゲーセンのひとつ Hey では 1980年代のレトロゲーム筐体すら後付けで電子マネーが使えるようになっており、「カードをピッとやってインターグレイに乗り込む」といった予想外未来を体験できます。

いまのところは100円玉を両替したり慌てて出さなくて良い、nanacoやEdyのポイントがつくといった点がプレーヤーにとっての利便性ですが、今後は電子マネーカード連動や独自のポイント付与といった新しいゲームにつながる可能性もある話です。また経営側にとっては、税率が変わっても反映できなかった100円玉の軛を逃れられるのが利点。価格を柔軟に設定できるようになれば、人気ゲームは微妙に値上げしたり、人が少ない時間は安くするなどもあるかもしれません。

タイトーのゲームセンターではすでに、期間限定でクレーンゲームが5%オフの95円、特定ゲームが半額や70円といった施策を実施中です。

今回の駅ナカ ゲームセンターは、このマルチ電子マネー端末の交通系電子マネー端末をプロモーションするイベント。交通系電子マネーでタッチすれば無料で遊べます。ゲームセンターというものの、秋葉原駅構内のごく狭いイベントスペースなので置いてあるのはクレーンゲーム二種類だけです。ダライアスバーストもグルーヴコースターも電車でGO!もありません。

クレーンゲームの中身はお菓子とトートバッグ。いかにも安いノベルティですが、バッグには今回のイベント限定という「電車にのるインベーダー」イラストがついています。開催は明日11月21日の夜9時まで。トートバッグの在庫は非常に少ないとのことで、へろへろトートがどうしても欲しいかたは朝っぱらから秋葉駅で降りてみましょう。


こちらは「駅ナカ」ではないタイトーのゲームセンター。


_