ダイソンの新製品「Dyson Pure Hot + Cool」を試してみました。おなじみの羽根なし扇風機と似たデザインですが、これにヒーターと空気清浄機機能がプラス。季節が変わっても片付ける必要がないので、収納場所をとらないのがメリットです。 ダイソンの新製品「Dyson Pure Hot + Cool」を試す機会を得たので、さっそく自宅で使ってみました。

「Dyson Pure Hot + Cool」はその名前の通り、空気清浄機とヒーターと扇風機を兼ねた空調家電。おなじみのダイソンの羽根なし扇風機と似たデザインですが、これにヒーターと空気清浄機機能がプラスされています。冬物家電と夏物家電がひとつになっているため一年中使え、家電の衣替えをする必要がないのは大きなメリット。扇風機は、物置きの中で非常に場所を取りますからね。

開封するところからレビューしていきましょう。外箱は腰の高さほどのボックスで、周囲に商品の写真が印刷されています。カラバリは「ホワイト/シルバー」と「アイアン/ブルー」があり、これはブルーのモデルです。上部から見るとまるで炊飯器のようでした。




ドアを開くように縦に開くようになっていました。これだけ長いものを上に引き出すとなると大変なので、地味にうれしい工夫です。この形状なら、引っ越しなどに備えて箱を保管しておき、再度収納することも可能そう。開けたところにはリモコンがはまっていました。




取説も読まずに、さっそくリモコンを取り出すと......。ん? なんだか湾曲しているんですね。オシャレか! オシャレなのか!? ここは後述します。


本体を取り出しました。ダイソン公式ホームページにある写真よりも紫がかったブルーが非常にきれいです。インテリアによっては少々未来的で浮いてしまうかもしれません。黄色のタグは「72時間サービス」の案内で、これは修理が必要になったときに、連絡から回収、修理、返却までを丸3日)以内で行うというもののようです。そのほか、2年間のメーカー保証があることなどが記載されています。


土台部分のたくさん穴の空いている部分が空気清浄機。カバーを外してみるとカバー側の内側がフィルターになっていました。フィルター交換は、このカバーごと行うそうです。フィルター交換の目安は、1日12時間使った場合に約1年間。本体下部の表示部がこのような表示になってお知らせしてくれるとのこと。






ここで非常にうれしいニュース。先ほど取り出した、湾曲したリモコンは、なんと本体上部に磁石でくっつくようになっていました。素晴らしい! 磁石大好き! まだ稼働させてもいないのに、これだけでテンションが2倍になりました。


さっそくヒーターをスイッチオン! ずいぶん冷え込む日だったので、すぐに暖かい風が出てきてうれしくなります。土台部分が空気清浄機になっているため、温風が出るのは床から30センチほどから上の部分。つい床に置いてしまいがちなバッグや買い物袋など、何かが温風吹き出し口にかぶってしまうような心配もなく安心しました。

大小の丸印のあるボタンで風量を10段階で調整でき、赤い丸印のあるボタンでヒータ時の設定温度を変更します。設定温度になると、本体の温度表示横の赤丸が消えます。これまで私が所有してきたヒーターはどれも温度設定はなく、「寒いと思ったらつけて、暑くなったら弱めるか消す」という使い方だったので、温度設定ができるのはありがたいですね。最近はエアコンの使用が増えて部屋の快適温度を数値として把握しているので、つけたり消したりするよりも手軽に感じました。


リモコン最下部にある扇型のボタンで、狭い範囲に風を集中させるフォーカスモードと、広範囲に風を届けるワイドモードを切り替え可能。風量が低い状態でワイドモードを使うと、かなり弱いため2,3メートル離れてしまうと風をほとんど感じませんでした。

また、矢印ボタンで首振り機能が使えます。「首」振りといいつつ、実際に回るのは本体底面を残した上の部分全部。これがとてもイイです。全体が土台と同じ太さの円柱に収まる形状をしているため、回転しても何かにぶつかることがないのです。そのほか、スリープタイマーももちろん付いています。








気になる稼働音は、特別静かということもなくヒーターや扇風機として想像する通りでした。風量にもよりますが、最大の「10」で運転し続けるとかなりうるさいかなぁというところです。「5」を超えると、以前から使っているダイキンの空気清浄機の最大動作音と同じくらいと感じました。

一時的であれば「10」でもいいかもしれませんが、長時間使うときは「5」くらいまでに抑えるのが、一般家庭での実用的な使い方でしょうか。オフィスで使う場合にはもう少しあげても気にならないと思います。

といったわけで一通りの機能を試してみて、総合的にはとても好印象です。何より本製品のコンセプト通り、空気清浄機とヒーターと扇風機がひとつで済むという点が大きい! 確かにもっと高機能な空気清浄機、もっと暖められるヒーター、もっと静かな扇風機があるのは確かですが、こだわった製品をそれぞれ買うと、Dyson Pure Hot + Cool1台分の値段では収まりません。そのうえ、使わない季節に場所をとります。

また、個人的な事情でいうと、もうすぐ子どもが生まれるので空気を汚さず安全な暖房器具が気になっていました。夏になれば、扇風機の羽に小さな子の指が巻き込まれるのも心配でしたが、コレならそんな心配は無用なのも◎。

とはいえ、どの機能もやや中途半端という印象もまったくゼロではないです。もともと空気清浄機を持っている私の場合、空気清浄機を省いて安いモデルがあればなおうれしかったです。ですが、それを差し引いても、リモコンが磁石でくっつく・冬が終わってもヒーターを片付ける必要がない・夏が終わっても扇風機を片付ける必要がない・扇風機の羽掃除の手間がない、といったメリットにより納得のいく1台です。我が家のように、ヒーター・扇風機ともに需要が合う人はもちろん、季節家電の収納場所を節約したい、空気清浄機・ヒーター・扇風機ともそれほど高機能なものはいらない、という人にはぴったり合致する製品だと感じました。家電としては高額ですが、3 in 1と考えると一人暮らしの人などにもオススメです。