LINE通話もできるAQUOSケータイ 504SH はソフトバンクから12月4日発売

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年11月26日, 午後 06:30 in 504SH
0シェア
FacebookTwitter


ソフトバンクおよびY!Mobileは、Android OSベースのフィーチャーフォン AQUOSケータイ 504SHを12月4日に発売します。3.4インチの高精細液晶に加え、800万画素カメラや防水防塵、ワンセグなど基本機能が充実。LINEアプリもフルで利用できます。

AQUOSケータイ 504SHは、OSにAndroidを採用したフィーチャーフォン。Android OSを搭載するとはいえ基本的な操作性や機能は従来のフィーチャーフォンと同様です。これは、Synbianなどの既存のフィーチャーフォンが採用するOS向け部品の調達が難しくなっているためで、フィーチャーフォンの皮をそのままに、中身をAndroidに入れ替えただけという格好です。

Google Playには非対応で、Androidアプリの追加はできません。ただ、日本で広く普及しているメッセージアプリ LINEをプリインストールしており、こちらはスマートフォンと同様に音声通話やビデオ通話、スタンプといった機能を利用可能。従来のフィーチャーフォンではLINEはブラウザからテキストの利用に限られていたので、ここにAndroid OSを積むメリットが現れています。

その他、約800万画素カメラ、防水・防じん、ワンセグなど基本機能が充実。バッテリー容量は1410mAh。本体サイズは 約51×113×17.6mm(折りたたみ時、突起部を除く)質量は124gです。



カラーはソフトバンク版がターコイズ、ゴールド、ピンク、ホワイト、パープル、レッド、ネイビー、ブラックの8色展開。Y!mobile版がレッド、ホワイト、ブラックの3色展開。

モバイルネットワークは3G / GSMのみ対応。連続通話時間/連続待受時間はW-CDMA網が約660分/630時間、GSM網 約410分/530時間となっています。データ通信は下り最大21MbpsのHSPA+に対応。

また、AQUOSケータイ 504SHの発売に合わせ、ソフトバンクはAQUOSケータイ向け料金プランを発表。月額0円〜4500円で2.5GBまでのデータ通信が可能な新プラン『パケットし放題S for AQUOS』ケータイを提供。なお基本プランは「ホワイトプラン」「スマ放題」の2つから選択できます。また、Y!Mobileも新プラン「プランSS」を提供します。

AQUOSケータイ 504SHはワイモバイルおよびソフトバンクから12月4日発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 504SH, aquos, sharp, softbank, ymobile
0シェア
FacebookTwitter