Other

中国 Ninebot社の日本総代理店オオトモは、小型電動二輪車『Ninebot mini Pro』を、12月4日よりAmazon.co.jpやビックカメラ全店で販売します。価格は15万円(税込)。

同日より開催される大阪モーターショーにおいて日本で初めて公開され、ビックカメラの有楽町店、新宿西口店、ラゾーナ川崎店、新宿ビックロでも展示を行ないます。

Ninebot mini Proは、セグウェイを買収したことで話題になったNinebot社製パーソナルモビリティの新モデル。日本においては3番目の製品にあたります。

搭乗者の重心移動だけで移動できる立ち乗り型の『Ninebot E』より小型・軽量化し、一輪車タイプで小型サイズの『Ninebot One』よりも操縦しやすくなっているのが特徴です。

フレーム素材はマグネシウム合金を採用し、ボディも自動車のトランクに収納できるほどに小型化。強度を確保しつつも、Ninebot Eでは約23kgだった重量を約12.8kgにまで軽量化しています。

Other

内蔵の体重センサーやスピードセンサー、電流センサーなどから搭乗者の動作を分析して操作性と安全性の向上を図るほか、毎秒200回の頻度で車体のバランス調整を行なってくれる自動学習機能も備えています。そのため、運転に慣れを必要とするNinebot Oneよりも簡単に操縦をマスターできるとしています。

外部環境の明るさによって照明の明るさを自動で調整するLEDライトも、車体の前後に配置しています。リアライトは通常時は青、減速時には赤色で点灯します。また、左右への回転時には曲がる方向のライトが黄色く光り、ウィンカーのような役割を果たしてくれます。ただし、フロントライトの明るさは補助光程度とのこと。

Other

さらに、Bluetooth連携したスマートフォンを使って走行速度と方向を指定できるリモート操作機能も備えています。

Other

本体のサイズは262×546mm、ハンドル部分は611~866mmまで調整可能。対応身長は120~200cm、耐荷重量は約100kg。

最高速度は時速約18km。登坂可能な角度は15°までで、段差は1cm以下であれば走行可能。乾いた舗装路の走行を推奨しており、雨天時や降雪時には使用を控えてほしいとのこと。

充電時間は約4時間。1回の充電で約30km走行できます。本体カラーのバリエーションはブラックとホワイトの2色展開。

なお、本製品を含めたNinebotシリーズの公道走行は法律で禁止され、私有地でのみ利用可能です。