ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の吉田修平氏が、PC / Macで動くPS4リモートプレイ公式アプリの提供予定を明らかにしました。

Xperia や PS Vita のように、PCでもプレイステーション4の映像をストリーミング受信して遠隔ゲームできるようになります。

リモートプレイはPS4の画面出力を動画としてネットワーク経由にストリーミング送信して、他の端末でPS4が動いているかのように使える機能。PS3とPSPの時代から、据え置きゲームを携帯機で寝転がって遊んだり、出張先で自宅のPSにアクセスするような使い方ができました。

PS4のリモートプレイはこれまでXperiaスマートフォンやタブレット、およびPS Vitaに対応していましたが、公式のPC用クライアントは提供されておらず、在野のハッカーが独自に開発したアプリのみという状態でした。

SCE WWSの吉田修平氏はユーザーからの問い合わせに対して「PC/Mac公式アプリに取り組んでいる」とツイートしたのみで、要求仕様や必要な入力機器、リリース時期などは不明です。

なお非公式のPCリモートプレイクライアントといえば、Xperia以外でも使える改変Android版などをリリースしてきたハッカー Twisted 氏が、近日中に10ドルでの有料販売を予告していました。有料販売の理由は、本人曰くAndroid版からすでに膨大な時間を費やしていること、今後は品質向上やプラットフォーム拡大などに専念するため生活費として必要など。

なかなか公式で提供されない機能をがんばって非公式対応したらあっさり公式版が出るのは実に良くある話ですが、ともあれ公式で PC / Mac 用に提供されるのはありがたいニュース。出たら出たで非公式版に価値が出ることもないとはいえません。