ストームトルーパー仕様になった「フィアット 500e」がカッコ良すぎる

AutoblogJapan Staff
AutoblogJapan Staff
2015年11月30日, 午前 05:00 in 2015 LA Auto Show
0シェア
FacebookTwitter

【LAオートショー2015】映画『スター・ウォーズ』のストームトルーパー仕様になった「フィアット 500e」
日本では12月18日(金)に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を楽しみにしている方も多いだろう。そのブランド・スポンサーの1つであるFCA USは、作中のキャラクターをモデルに黒と白でペイントされた「フィアット 500e ストームトルーパー」を、現在開催中のLAオートショーで公開した。同車のカスタマイズを担当したのは、先日ご紹介した「4C La Furiosa」を手掛けたフィアット創業者一族のラポ・エルカン氏が率いるガレージ・イタリア・カスタムズだ。 

このフィアット 500eは、軍事組織「ファースト・オーダー」の兵士ストームトルーパーのヘルメットを模して、フロントガラスからボンネットのあたりに白黒のボディラッピングが施されており、ホイールセンターにはストームトルーパーのグラフィックが描かれている。これが導入されれば、彼らが行進する手間が省けるようになるかもしれない。また、このテーマはレザーとアルカンターラ素材が張られた内装にも適用されており、ラッカー塗装のダッシュボードにはスター・ウォーズのロゴが描かれ、ステアリング・ホイール中央にドライバーを見張るストームトルーパーの姿がある。なお、これまでにもFCAは、Uberとコラボレーションしてストームトルーパー風の「ダッジ・チャージャー」をニューヨークの街で走らせた事がある。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 2015 LA Auto Show, Electric, Fiat, fiat 500, fiat 500e, garage italia, Hatchback, la auto show, movies, official, Speciality, star wars, Stormtrooper, TVMovies
0シェア
FacebookTwitter