ラトックシステムは、スマートフォンやタブレット上で家電製品やAV機器を操作できるデバイス『REX-WFIREX1』を12月中旬に発売します。予想実売価格は1万4800円(税込)。

『REX-WFIREX1』は、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットから、家電製品やAV機器の操作を可能にするデバイス。スマホからWi-Fi経由で受信したリモコン信号を赤外線に変換し、家電製品/AV機器に送信する仕組みです。

専用アプリには、パナソニックや東芝など主要メーカーのリモコンデータが事前に登録されており、利用したい製品のメーカー・モデル名を選択するだけですぐに操作が可能。登録されていない製品も手動で追加できるほか、どの赤外線リモコンにも対応するため、海外メーカーなど独自の赤外線フォーマットを展開する製品も登録可能です。



また、Wi-Fiの電波が届く範囲内なら室内のどこからでも操作できる「家中モード」と、外出先からクラウドサーバーを経由してエアコンや照明器具を操作する「家外モード」を用意。リビングにあるAV機器を寝室から遠隔操作で起動したり、帰宅前にエアコンを操作して室温を調整しておくといったことに利用できます。

通信規格はIEEE 802.11b/g/nをサポート。専用アプリの対応OSはAndroid 4.4以上、iOS 8.4以上。赤外線の有効範囲は、水平方向が最大360度、垂直方向が上方最大180度、有効距離が最大10m。本体の大きさは104×42mm、重さは約110g。