背中に第3の眼!自転車用レーダー『Varia J』をGarminが12月17日発売、3万6800円。接近車を検知、サイコン連携可

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2015年12月2日, 午後 04:00 in ant+
0シェア
FacebookTwitter
Other

GPS機器メーカーのGarminは、後方レーダーを備える自転車用テールライト『Varia J リアビューレーダー』を12月17日に国内発売します。Garminの正規代理店いいよねっとにて予約を受付中。価格は単品で2万4800円、ディスプレイセットは3万6800円です
『Varia J リアビューレーダー』は、Garminが買収した南アフリカのスタートアップ企業 iKubuが開発する「Backtracker」をもとにした製品です。テールライトに内蔵された24GHzのミリ波レーダーを使って140m以内に接近する車両を感知し、ステムに取り付けた専用ディスプレイが接近を通知・表示します。

Other

なお、テールライトはGarminのサイクルコンピュータ「Edge」シリーズとも連携可能。同シリーズ製品を持っていれば専用ディスプレイを購入せずに済むのはうれしいところ。

テールライトは点灯・点滅の2種類のモードを切り替えて利用できます。また、車の接近によってテールライトの点灯パターンが変化します。点灯モード時はLEDの点灯数が増え、点滅モード時はLEDの点滅数が増えるとともに点滅スピードが速くなり、後方のドライバーに存在をより強くアピールできます。

Other

テールライト・専用ディスプレイはともに充電式バッテリーで駆動します。通信方式はANT+をサポート。また、IPX7相当の防水性能を持ち、雨天時でも利用可能です。

テールライトの明るさは16ルーメンで、稼働時間は点灯モードなら約5時間、点滅モードなら8時間。重さは63.5g。

専用ディスプレイの稼働時間は10時間、重さは28.5g。

Variaシリーズとしては、自転車用ヘッドライト・テールライト『Smart Bike Lights』も海外発売されています。周囲の明るさによって点灯・消灯の切り替えや、明るさの調整を自動で行なってくれる点が特徴です。「Edge」シリーズと連携すれば、走行速度が上がるほどに遠くを照らすことも可能になります。こちらの製品も、国内発売が期待されます。

『Varia J リアビューレーダー』は高価ですが、より安全に運転したいというニーズを満たしてくれるはず。ディスプレイに意識が向きすぎて、前方の状況確認がおそろかになってしまわないよう、注意して使いたいところです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ant+, garmin
0シェア
FacebookTwitter