時価総額5兆円! ザッカーバーグがFacebook株の99%を寄付すると発表。『娘の世代をより良くするため』

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年12月2日, 午後 04:30 in baby
0シェア
FacebookTwitter
 
Facebook CEO のマーク・ザッカーバーグが、第1子となる女の子が生まれたことをきっかけに自身の保有する Facebook 株のうち99%を慈善活動のために寄付することを発表しました。寄付は自身が創設した慈善団体 Chan Zuckerberg Initiative に対して行われ、世界の教育や病気などの問題を解決するための活動に充てられます。これまでザッカーバーグが語ってきた目標は、世界の隅々までインターネットを行き渡らせ、より良い生活を可能とすること。そのためドローンレーザー光線を使ったシステムを開発するなど、これまでにない発想を実現すべく、自己資金を投じてきました。

ザッカーバーグはうまれたばかりの第1子であるマキシマちゃんに宛てた手紙のなかで「私たちのすむ社会はすでいる人達だけでなく、これから生まれてくる人の生活も今より良くしていくことができると信じています。あなたの世代が、今より良くなるために私たちにはまだやれることがある」と語りかけました。

今回の発表では、夫妻が保有するFacebook株式(時価総額450億ドル、約5兆5300億円)の99%を生涯をかけて慈善活動に寄付していくとしています。ただ今後少なくとも3年間は寄付の上限を年間10億ドルとしており、Facebook での議決権は維持するとしています。

A few weeks before Max's birth, Priscilla and Mark took a morning to reflect and record their hopes for their daughter and all children of her generation.

Posted by Chan Zuckerberg Initiative on 2015年12月1日


ちなみにマーク・ザッカーバーグは2010年に、世界の資産家が自らの資産の半分以上を慈善活動に寄付する活動「The Giving Pledge」に署名しており、これまでおよそ16億ドルを慈善活動に投じています。

またマーク・ザッカーバーグと妻のプリシラ・チャンにとってマキシマちゃんは3度の流産を乗り越えて授かった初めての子ども。今年7月には赤ん坊が安定期に入ったのを報告するとともに、世界の流産経験者に「あきらめず、他人と抵抗なく体験を話し合えるようになることを期待します」とメッセージを送っていました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: baby, culture, donationphilanthropy, facebook, givingpledge, internet, markzuckerberg, maxzuckerberg, money, priscillachan
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents