Amazonビデオが iPad ProやPinP対応。3D Touchクイックアクションなど iOS版大幅更新

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年12月2日, 午後 03:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter


解約を忘れて惰性で加入していたら立て続けに動画見放題や音楽聴き放題が与えられ戸惑うAmazon Primeユーザーにうれしい知らせです。アマゾンが iOS版の Amazon Video アプリをバージョン3.3にアップデートしました。

内容は iPad Pro対応、Slide Over や PinP (ピクチャーインピクチャ)といったマルチタスク対応、iPhone 6s / 6s Plus の3D Touch クイックアクションなど。配信ビジネスではアップルと対立するアマゾンですが、iOS端末独自の機能をしっかりと導入しています。


公式の主な更新点は:

- お気に入りのTV番組の次回エピソードを今すぐ観たいですか? Next Upなら、再生中のエピソードが終わると次回エピソードを自動再生できます

- 3D touch quick actionsなら、より少ないステップでよく使う機能を操作できます (iPhone 6s and 6s Plusのみ対応)

- ピクチャ・イン・ピクチャやSlide Over(対応デバイスのみ)機能を使えば、ビデオを楽しんでいる時もマルチタスキングを可能にします

- このバージョンから、iPad Proにも対応しています


iPhone 6s / 6s Plusでのみ使える「つよ押し」「深押し」こと3D Touch では、ホーム画面を経ずに、ダウンロード済み一覧やライブラリをすぐ見たい、検索したいができるようになりました。



PinP は地味ながら iOS 9 の有用性を大きく増す機能。画面が広い iPad Pro ではなおさら引き立ちます。ドラマやアニメを消化しつつ、他のアプリを使ったり別のコンテンツをブラウズしたり etc は、iOSに欠けていた「ながら」の効率性と楽さを与えてくれます。(写真はウェブ動画をPinPしたところ。UIは同じです)

ウェブ動画や対応アプリでないと使えないのが残念でしたが、動画サービスでアップルと対立するはずのアマゾンがいち早く対応してきました。なお、いまのところアップル純正デフォルトアプリのビデオ再生はPinPできません。




そのほかNext Up は、再生中のエピソードが終わると自動的に次が始まる、至って普通の自動再生機能。

ただの自動再生ではありますが、連続ドラマなどは最後にスタッフロールや制作元アイキャッチが入ったりするため、全部流さずいい感じに飛ばすにはちょっとした工夫が要ります。

アマゾンの場合、エピソード終了から数十秒前になると画面の隅に「次は」と次回エピソードのサムネイルが現れ、押せばすぐに、押さないで放置すると終了後に自動で飛ぶ仕組み。「次は」が出る前でも、画面を1タップすれば次のエピソードへのボタンがあるのはバージョンアップ前と同じです。

一方、たとえばNetflixでは、デフォルトで末尾のスタッフロール部分まで進むと次に飛んだり、サムネ化して流したまま戻ります。どちらもおおむね快適ですが、スタッフロール部分のように暗転していても、非常に重要な「登場人物のその後」やオチが書かれているパターンでは見逃すことがあります。





こちらは英語版の Amazon Video では対応、日本語版では非対応の X-Ray機能。IMDBのデータベースと連携して、見ている動画の出演者、キャスト、関連トリビア、基本情報などをブラウズできます。(日本語版では最新の3.3にアップデートして Hand of God S1E2を再生してもX-Ray表示はなく、設定項目もありません。)

Kindle 電子書籍では日本語コンテンツでもX-ray 対応が進んでいますが、はやく動画でも使えるようになってほしい機能です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: amazon, AmazonVideo
0シェア
FacebookTwitter