【動画】auがハンドソープで洗えるスマホ DIGNO rafre を12月11日発売。傷を自然修復、温水防水にも対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年12月3日, 午後 12:52 in digno rafre
0シェア
FacebookTwitter

auは京セラ製スマートフォン DIGNO rafre を12月11日に発売します。特徴はハンドソープでも洗える防水性能、お風呂で使える温水防水、浅い擦り傷であれば自然回復する塗装スクラッチヒーリング採用など。


一般的にハンドソープは水の表面張力を低下させるため、真水よりも浸水しやすい性質を持ちます。DIGNO rafreではパッキン部の一体成型などで防水性能を向上させ、ハンドソープでも洗える高い防水性能を実現したとのこと。

またお風呂に落としても安心して使えるよう、温水防水に対応。画面は手が濡れた状態でも操作できるタッチパネルを採用し、バスルームでも安心快適に使えるとしています。

さらに、浅い擦り傷を自然回復する特殊塗装「スクラッチヒーリング」を採用。画面のカバーガラスにはDragontrail Xを使用し、また落下時に地面に直撃しないようフチを一段高くする構造などで画面を割れにくくしています。そのほか、耐振動やウィンタースポーツも楽しめる温度耐久にも対応しているということです。

主な仕様は下記の通りです。


12月11日よりauオンラインショップ、KDDI直営店、auショップで発売予定。なおスペックシートの注釈によれば、防水とはいえ浴槽への水没は非推奨。対応水温は43℃までとのことなので、熱めのお風呂が好きな方はご注意ください。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: digno rafre, dragontrail, kddi, waterproof
0シェア
FacebookTwitter