初の一般向けGearVR は12月18日発売。100g軽量化&装着性向上。Galaxy S6 / edgeが対応

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年12月8日, 午後 01:59 in galaxy
0シェア
FacebookTwitter


Galaxyスマートフォンを装着して使う仮想現実マシン Gear VRに新モデルが登場します。初の一般消費者向け製品として家電量販店で12月18日発売。先代より100g軽く、装着性が向上しています。


Gear VRは、Galaxyスマートフォンを装着して仮想現実ヘッドセットにする製品。先代のGear VRは Galaxy S6 / S6 Edge 対応モデルとしてすでに日本国内でも販売されていますが、開発者やアーリーアダプター向けの「Innovator Edition」扱いでした。

12月18日に発売する新モデルは、Gear VR初の一般消費者向けバージョン。先代に比べて装着性を向上させたといい、100gの軽量化を果たしたほか、端末にアジャスト機能を追加して、グローバルで発売されているGalaxy S6 edge+やGalaxy Note 5といった大型スマホも装着可能になりました。

また、スマートフォンではなくゴーグル本体に備えられた9軸センサを利用するため、Google Cardboardのような安価なVRゴーグルに比べて、精度よく首の動きに追従するため、VR酔いがしにくいとしています。



本体サイズは201.9 x 116.4 x 92.6mm、質量は318g。搭載センサはジャイロ、加速度、近接など。視野角は96°。対応スマートフォンはGalaxy S6 / S6 edgeとなります。

コンテンツはゲーム・映画・スポーツ・アーティストなど100以上が提供中。今後も更に拡充されるとしています。

新Galaxy VRは12月18日に家電量販店等にて発売予定です。価格は未定ですが担当者は『1万5000円は下回りたい』と話していました。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: galaxy, gearvr, samsung
0シェア
FacebookTwitter